ホーム / ペイントツールSAI / ペイントツールSAI開発室 Japanese | English


ペイントツールSAI 開発室

SAI Ver.2について
現在、SAI Ver.2の開発を進めています。Ver.1への機能追加のコストが限界に達したためVer.1への機能追加予定をすべてキャンセルし、それらはすべてVer.2へ実装する方針へと転換しました。 Ver.1への機能追加予定をキャンセルすることは過去の発言を違える形となるため、Ver.2を(32bit/64bitを問わず)無償アップデートとすることで埋め合わせさせていただきます。
以上の方針により、今後Ver.1については原則として不具合修正のみとさせていただきます。恐れ入りますがご了承ください。

SAI Ver.2の進捗報告
スクラッチパッドを除いてVer.1の機能+αが実装された中途版を公開いたします。 製品化前の開発段階のものでありまだまだ不具合が出る可能性が高いので、安定したソフトウェアを必要とされる方は決してこのバージョンを使用なさらないでください。 また、このバージョンはコンピュータの基本的な知識や操作を習得されている方を対象としています。製品版と同様のユーザーサポートは行っておりませんのであらかじめご了承ください。


不具合修正へのご協力のお願い
ウィンドウ右下にエラーポップアップが表示されて動作を停止するような不具合が発生した場合は、大変お手数かとは思いますが不具合の説明とエラーログを添えてサポート窓口までご報告をいただけると助かります。 エラーログは「errlog.sai2.日付.起動時間.txt」という形式の名前で下記のフォルダに作成されます。ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
  • マイドキュメント → SYSTEMAX Software Development → SAI2 Demo → error と辿ったフォルダの中

キャンバスの保存・読込について
ライセンス証明書を設定した場合にキャンバスの保存と読込の機能が有効になります。キャンバスの保存形式は刷新して拡張子を .sai2 としました。Ver.1と互換はありません。


ライセンス証明書の設定について
Ver.1のユーザーライセンスをお持ちの場合、ライセンス証明書を以下のどちらかのフォルダに入れるとキャンバスの保存・読込が有効になります。 但し、SAI Ver.2ではシステムIDの作成方法が変わっており、Ver.1で表示されるシステムIDでダウンロードしたライセンス証明書は認識されません。 お手数かとは思いますがSAI Ver.2で表示されるシステムIDで新しいライセンス証明書をダウンロードして下記のいずれかのフォルダに入れてください。
  • マイドキュメント → SYSTEMAX Software Development → SAI2 Demo と辿ったフォルダの中
    (settings2.ssd というファイルが入っているのと同じ場所です)
  • SAI Ver.2のプログラムファイル sai2.exe が入っているフォルダ

編集作業の復元機能について(2017-05-31版以降)
作業の復元は "<マイドキュメント>\SYSTEMAX Software Development\SAI2 Demo\hisdata" 内に作成された復元データ(復元ポイント+ヒストリデータ)を組み合わせて実行されます。 復元機能の達成目標は下記の3点です。
  • 強制終了時に作業を復元できるようにすること
  • SAI2ファイルが破損した場合に保存時の状態を復元できるようにすること
  • 誤ってキャンバスを保存せずに閉じた場合に作業を復元できるようにすること
復元データは下記のルールで保管または削除されます。

作業の最後の状態以前SAI2形式で保存した時点の復元データ復元データの保管期限が過ぎた場合
強制終了保護され削除されない保護され削除されない
SAI2形式で保存して終了最後の保存時点と重複しない部分が削除される保護され削除されない
SAI2形式以外で保存して終了最後の保存時点と重複しない部分が削除される削除される
保存せず終了保護され削除されない保護されていない部分が削除される

注意点:
  • 復元データがSAI2ファイルに結び付けられ保護されるのは最後の保存がSAI2形式である場合のみです。その前にSAI2形式で保存した時点の復元データは重複部分以外が直ちに削除されます。
  • SAI2形式以外の形式で保存すると復元データの結びつきが失われ、保管期限が過ぎるとその復元データは削除されます。
  • SAI2ファイルを上書き・名前変更・移動・削除すると復元データの結びつきが失われ、保管期限が過ぎるとその復元データは削除されます。
  • 強制終了時とSAI2形式保存時の復元データは自動的には削除されません。不要になった復元データは復元ダイアログから手動で削除してください。
  • 復元データを維持したまま別形式で保存する場合は「指定したファイル形式で保存」から保存してください。
  • 復元ポイントは編集操作100回おきに作成されます。但し100回目がレイヤー移動かテキスト編集の場合はそれ以外の操作がされるまで作成が保留されます。
  • 選択領域だけの編集を100回未満行ってキャンバスを閉じた場合は復元データは直ちに削除されます。(画像を開いて一部を選択してクリップボードにコピーするような作業では復元データは不要と思われるので)
  • HDD・SSD等に起因する問題で復元データが破損した場合は復元は不可能になります。
  • 復元データの仕組みを応用してヒストリのスナップショットのような運用を行うことは想定していません。


ブラシの描き味をVer.1に近づける方法(2017-11-22版以降)
2016-03-17版からブラシ系ツールのパネルの[その他]で[輪郭の硬さ]を0、[濃度増幅]を100、[Ver1濃度特性]をONにするとVer.1にかなり近い描き味になるように調整しました。 できれば下記のような手順でブラシツールを作り直してから水分量への筆圧適用、[輪郭の硬さ]、[濃度増幅]、[Ver1濃度特性]を設定してみてください。

 1. ブラシツールのアイコンを右クリックしてメニューから削除を選ぶ
  (設定を触りすぎておかしくなっている場合があるので一旦削除することをお勧めします。
   現在の設定を残しておきたいならツールのアイコンをCtrl+ドラッグして別のスロットに移動させてください)

 2. 空いたスロットを右クリックしてメニューから同じブラシツールの名前を選ぶ

 3. ツールのパネルの[水分量]のスライダの左の筆圧適用スイッチを OFF にする

 4. ツールのパネルの[その他]を開いて[輪郭の硬さ]を 0、[濃度増幅]を 100、[Ver1濃度特性]を ON にする

また、好み応じてメニューの[ヘルプ]→[設定]を開いて[ツール]の[手ぶれ補正1~15でのブラシストロークをVer.1と同じ感触にする]をONにしてください。 但し、素早くストロークを繰り返したときのイリヌキのハネが気になる場合はこの設定は行わないでください。

なお、下記の違いについては今後も調整の予定はありません。

・ボケ足の強いブラシとフラットなブラシの濃度感がほとんど同じ
 (Ver.1ではボケ足の強いブラシの濃度がかなり薄いものになっていました)

・筆系ツールの[不透明度を維持]の効果が明確に出る
 (Ver.1ではあまり違いが分からない程度の効果でした)

・筆系ツールの混色関連のパラメータの影響の程度が異なっている
 (Ver.1ではボケ足や描画品質の設定によってパラメータの影響にバラつきが出ていましたが、Ver.2ではできるだけバラつきが少ない
 ように調整されています。混色関連のパラメータについてはお手数ですが試行錯誤して具合の良いところを見付けてください)

・手ぶれ補正を強めたときの感触が異なる
 (Ver.1は筆ペンのような感触になりますが、Ver.2は補正方法が異なるため普通のペンのような感触になります)

 (2017-07-27版から変更可能になりました)


筆ツールについての注意
Ver.2の筆ツールには[ぼかし筆圧]のパラメータが新設されました。水彩筆の同名パラメータと同様、色を付けずに下地の色を混ぜるだけの動作となる筆圧の範囲を指定するものです。 初期設定では[ぼかし筆圧]が50%に設定されているため、筆ツールを線描に使おうとするとイリヌキの途中で色が付かなくなって途中で途切れたようになります。 筆ツールを線描に使用する場合は[ぼかし筆圧]を0%に設定してください。


ブラシの描線が柔らかすぎると感じる場合
Ver.2ではブラシのアンチエイリアスがかなり強めにかかるよう調整してあります。 もっとシャープな描線が欲しいという場合はパネルの[その他]で[輪郭の硬さ]を50程度にして具合を見てみて、その後はお好みで[輪郭の硬さ]を調整してみてください。
(2017-07-27版から水彩筆とマーカー以外の[輪郭の硬さ]の初期値が50になりました。初めてVer.2を起動したときか、ブラシを新規作成した場合にのみ新しい初期値が適用されます)


ぼかしツールの作り方
元々ぼかしツールは水彩筆ツールのバリエーションです。水彩筆ツールを新規作成して下記の設定にするとVer.2でもぼかしツールを作ることができます。

・[ボケ足] ... 左端の波形
・[混色] ... 100
・[水分量] ... 100
・[不透明度を維持] ... off
・[ぼかし筆圧] ... 100%

# 初期状態でぼかしツールを用意するのはかなり後になりそうです


最低動作環境 (2000x2000px程度までのキャンバスを扱う場合)
コンピュータPC/AT互換機の実機
OSWindows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
プロセッサCore 2 Duo 1.6GHz以上
メモリ1GB以上
HDD20GB程度以上の空き容量
ビデオ1024x768 1677万色
入力装置筆圧対応ペンタブレット (WinTab APIとTabletPC APIに対応)

SAI Ver.2 64bit - 2017-11-24 進捗報告版 (ZIP形式, 2.5M)
SAI Ver.2 32bit - 2017-11-24 進捗報告版 (ZIP形式, 2.4M)

更新履歴


変更履歴抜粋
2017-11-24版

[新機能]

- 平行線定規、同心円定規、集中線定規


[バグ修正]

- [ブラシ系ツール] にじみを指定しても適用されない

- [画像変形] フローターを反転・90度回転しようとすると不可視レイヤーに対する警告が出て実行できない



2017-11-23c版 [バグ修正] - [ヒストリ] Undo/Redoでアクセス違反が発生する # 数分ほど 2017-11-23b を公開していましたがバグを潰しきれていなかったので差し替えました。
2017-11-23版 [バグ修正] - [ペン入れレイヤー] ストロークが正しい線幅で表示されない - [パースグリッド] 分割数を 0 にするとメモリを大量消費してフリーズする
2017-11-22版 [新機能] - 指先ツール  ・初めてSAIv2を起動した場合以外は自動的に作成されませんのでカスタムツールトレイの空きスロットを右クリックして   手動で作成してください。  ・通常は速度最優先の簡略化された処理が行われますが、ブラシテクスチャを適用するとPhotoshopに似た品質優先の   処理方法に切り替わります(簡略化した処理がブラシテクスチャと極端に相性が悪かったためそのようにしました)。   ブリスルとブラシテクスチャを併用すると大幅に速度が低下しますが不具合でありません。  ・ブラシテクスチャを指定して[強さ]を 0 にするとPhotoshopに似た結果が得られます。 [バグ修正] - [定規系レイヤー] レイヤー関連の操作パネルを分離しているとクイックバーの定規に関するボタン等の表示が正しく制御されない - [画像変形] 90度回転を行ってから変形ガイドを操作するとガイドがさらに90度回転して裏返る - [ガウスぼかし] ぼかし幅を変更またはプレビューをONにしたあと直ちにプレビューをOFFにするとアクセス違反が発生する - [PSDファイル] Shift-JISに変換すると255バイトを超えるレイヤー名を持つレイヤーがあると正しい構造で保存されない [変更] - [GUI制御] ファイル入出力や画像変形など時間がかかる処理を行っている間もウィンドウメッセージを処理するよう変更 (ウィンドウのブラックアウト対策です。但し一部のケースではまだブラックアウトする可能性があります) - [ブラシ系ツール] 筆圧反映チェックボックスを廃止して関連するスライダの左に同機能のスイッチを追加 - [ブラシ系ツール] 大径の平坦ブラシの波紋状の筆跡を低減する機能をON/OFFする設定[波紋低減]を追加 (前版までは常にONになっていました) - [ブラシ系ツール] 平坦ブラシ(ボケ足選択の右端、波紋低減=ON)を 15% ほど高速化 - [ブラシ系ツール] 平坦ブラシ以外のボケ足をVer.1と同等の幅になるよう調整 - [ブラシ系ツール] ブリスルの挙動を全面刷新 - [筆系ツール] 水分量に対して筆圧を適用するかどうかのスイッチを追加 (前版までは常に筆圧が適用されていました。Ver.1では常に筆圧が適用されていなかったのを完全に失念していましたサーセン) - [マーカー] 濃度増幅を100にすると1クリックで指定した描画濃度で描画されるよう変更 - [投げ縄ツール] [選択方法]が[手描き]の場合に手ぶれ補正が適用されるよう変更 - [設定ダイアログ] 分類を整理 その他細かい調整とバグ修正

Ver.1 からの改良点など

全体
・64bit版を用意
・マルチコア対応による高速化
・Unicodeアプリ化 (今更ですが)
・キャンバスサイズの上限は32bit版で10000x10000、64bit版で100000x100000

ブラシ関連
・アンチエイリアスの品質向上 (ブラシのパネルの[その他]→[輪郭の硬さ]で調整できます)
・平坦ブラシ(ブラシ波形の右端)で濃度が低い時の円の連鎖模様を低減
・ブラシサイズの上限を5000に変更
・水彩筆を大幅に高速化
・筆圧に対して濃度の変化がリニアになるよう変更
・ストロークの入り抜きの感触を調整 (筆ペンから鉛筆に変わったような感じです)
・にじみ、テクスチャのリサイズを実装 (いずれちゃんとプレビューも実装する予定です)

レイヤー関連
・複数レイヤーに対する一括操作に対応 (順序変更、削除、パラメータ変更、領域選択移動、など)
・水彩境界や用紙質感の色が濁りにくいよう調整
・保護機能の追加 (編集、移動、全体)
・レイヤー数の上限は8190枚
・レイヤーの配置可能範囲はキャンバスの中心を基準に、32bit版で±10000、64bit版で±100000

新しい機能(抜粋)
・定規 (まだ直線と円のみ/操作系は暫定/メニューで表示します)
・パース定規 (1~3点透視図法/操作系は暫定/レイヤーパネルに作成メニューのボタンがあります)
・パースグリッド (2~3点透視図法/操作系は暫定/レイヤーパネルに作成メニューのボタンがあります)
・文字ツール (機能と操作系は暫定/位置揃え、縦中横、混在書体、ふりがななどの実装を予定しています)
・図形ツール (機能と操作系は暫定です)
・投げ縄ツールの多角形選択
・自動選択・バケツツールの漏れ出し防止機能
・グラデーションツール
・フローティングビュー
・ガウスぼかし
・強制終了等からの作業の復元

ペンタブレット関連
・TabletPC APIに対応 (現状はWinTabドライバがインストールされていない場合のみ有効になります)

現在分かっている問題点・懸念など
・高DPI環境への対応が中途半端 (レイアウトは調整されますが画像部品がリサイズされません。また、Per-Monitor DPIにも対応していません。これらは対応する予定です)
・低電圧版CPUを搭載した一部のノートPCなどではマルチコア処理の高負荷が続くとクロックダウンされて速度が半分近くまで遅くなる
・1つでも負荷のかかったCPUがあるとそれに引っ張られて全ての処理速度が低下する (ハイパースレッディングありのCPUではSMTペアの一方だけを使うようにしている(つもり)のでそのような状況は避けられると思います)

備考
・現状ではレジストリは一切使用していません。
・ヒストリデータはマイドキュメントの中の"SYSTEMAX Software Development\SAI2 Demo\hisdata"に作成されます。
 該当ドライブのディスクの空き容量の目安は、キャンバスサイズ 10000x10000 なら少なくとも100GB程度、といった具合です。


ショートカットキーの初期設定
ショートカットキー機能
矢印キービューのスクロール
PageUp/PageDownビューの拡大縮小
Shift + PageUp/PageDownビューの回転
Tab操作パネルの表示のON/OFF
Homeビューの表示位置のリセット
Deleteレイヤーの消去
F11, Shift + Tabフルスクリーンモードの切り替え
Ctrl + Eレイヤーの結合
Ctrl + D領域選択の解除
Alt + Deleteレイヤーの塗り潰し
Ctrl + H領域選択の表示ON/OFF
Ctrl + Nキャンバスの新規作成
Ctrl + R定規のON/OFF
Ctrl + YRedo
Ctrl + ZUndo
Fレイヤーの転写
Hビューの表示の水平反転
X描画色の入れ替え
-透明色のON/OFF

ブラシ系ツールのショートカットキー
操作機能
Ctrl + ドラッグレイヤーの移動
Shift + Ctrl + ドラッグレイヤーの選択&移動
Alt + クリックスポイト
テンキーの 0 ~ 9描画濃度の変更

領域選択ツールのショートカットキー
操作機能
Shift + ドラッグ矩形を追加
Alt + ドラッグ矩形を除外
Ctrl + ドラッグレイヤーの移動
Shift + Ctrl + ドラッグレイヤーの選択&移動

文字ツールのショートカットキー
操作機能
Ctrl + ドラッグレイヤーの移動
Shift + Ctrl + ドラッグレイヤーの選択&移動

直線定規の操作
操作機能
Ctrl + 定規本体のドラッグ定規の移動
Alt + 定規本体のドラッグ定規の回転

円定規の操作
操作機能
シフト系キー + 定規本体のドラッグ定規の移動
Ctrl + 制御点のドラッグ定規のパース変形
Alt + 定規本体のドラッグ定規の回転
Alt + 制御点のドラッグ定規のリサイズ (中心点基準)
Shift + Alt + 制御点のドラッグ定規のリサイズ (対角点基準)
シフト系キー + 定規本体の右クリック制御メニュー

パース定規の操作
※ パース定規はレイヤーリスト内の項目の小さい四角枠で有効・無効を切り替えます。
操作機能
Ctrl + 視線十字のドラッグパース定規の移動
Alt + 視線十字のドラッグパース定規の回転
Ctrl + 制御点のドラッグパース定規の変形
シフト系キー + 制御点の右クリック制御メニュー

<パース定規の使い方>

1. まずアタリを取る。


2. パース定規を作る。


3. アタリを目安に制御点を移動して…


パースを決める。


4. 好きに描く。


このサイトは Internet Explorer 8, Firefox 3, Chrome 7, Safari 5, Opera 10 で動作確認しています。
ディスプレイ解像度 1024x768、1677万色以上でご覧ください。
本サイト内の文章、画像、データ、ソフトウェアの無断流用は固くお断りいたします。

お問い合わせ | 会社概要